2017/11/16

【本】ツバキ文具店

一気読み。すごく素敵な本でした。

鎌倉を舞台に鳩子の丁寧な何気ない暮らしが描かれる。
山を背にした寺社の数々。波のきらめく海岸、日本家屋が並ぶ街並み、心あたたかな人々。

紙を選び、筆記具を選び、インクを選び。
封蠟を当て、切手を合わせて。
心をこめる代書の奥深さにも心奪われました。
代書を依頼する人たちのそれぞれの事情や人生。
時に軽やかに時に重く、その人にふさわしい代書を書きその度に少しずつ成長していく。

少しずつ分かる鳩子のバックグラウンドに鳩子の「先代」に対する複雑な思いもわかるし、「先代」の不器用な愛情もひしひしとこちらに伝わる。
頁が進むにつれ、二人のすれ違った心がゆるゆると溶け合うように感じられ、最後の手紙は涙なしには読めない…

素敵な物語でした。
鎌倉の畳敷きのスターバックスで、もう一度読めたらいいな。

| | コメント (0)

2017/10/19

銀婚記念日

昨日は結婚25周年でした。

早いものです( ˘ω˘ )

特に何をするわけでもないのですが
お互い仕事が休みだったので
お昼を食べに出かけました。

Img_0712

Img_0713

Img_0714

キッシュ・ロレーヌと
真鯛のポアレ
洋なしのタルト
おいしゅうございました(*'ω'*)

まだまだ子どもたちにいろいろ
手がかかりますので
もう少し頑張ろう。
まずは健康が第一だ、
ということで。

| | コメント (0)

2017/10/15

【映画】セッション

公開時、渋谷アップリンクに行きたくて
でも都合がつかず行けなくて…
という因縁ありの作品。

地元でやっている
GAGA☆配給祭り♬
ホントに有難い大感謝の
セッション
鑑賞。

何かに本当に打ち込むというのは
こういうことを言うのだろうと感じる。
ニーマンの本気(もともと尋常でない本気度)が
更に鬼気迫る「本本気」になって…
一気にラストシーンへ突入。
フレッチャーとニーマンはここまで来ると
共犯者というか運命共同体というか
舞台で目と目が合って
分かり合った二人が
神々しい。
羨ましいくらいでした。

生きるっていうのは
成長する、変化するってこと。
だけど
その人の芯になるもの、
変わらないものは
変えないこと。

セッションとラ・ラ・ランド観て
監督のメッセージの中に
共通項を見た気がします。

★★★★☆

| | コメント (0)

«【映画】アーティスト